婦人科検診あるかも私の失敗と検査の費用

婦人科検診の費用はいくらかかるの?

検診内容は各項目別に料金が細かく設定されていて、選択できるようになっています。
検査の中には年齢制限もあるので受けたい検査ができるかどうかは施設や病院を調べるようにしましょう。
助成がない検査の場合は、数千円から2万円前後かかることもあります。
年齢によって費用が違うのでどの検査を受けたいのか伝え、大まかな費用を聞いておくと安心できると思います。
自治体が助成する場合は、数百円から数千円程度で済むところが多いようです。
集団検診ではなくクーポンが送られてきたときは、検診できる期限が記載されているのでその期間内で予約します。
妊娠がわかった時点で婦人科へ通院する頻度は増えますが、婦人科検診は自治体の呼びかけやクーポンの配付があっても受診率が低く、近年では若い年代が婦人系の病気で亡くなっています。
女性の体はデリケート、自分の体を守るためにも助成などを利用して婦人科検診を受けましょう。

服装はどのようなものが望ましいの?

大きな病院等では専用の検診着に着替えての検査になりますので服装を気にする必要はありませんが、大抵は下着を脱ぎ着する病院が多いので検診を実際に受けたときの失敗談をご紹介します。
「細身のパンツを履いていったら脱ぎ履きできずに脱いだまま移動することになり恥ずかしい思いをした」、「スカートなら隠せたのにパンツだったのでシャツで隠すこともできずにつらかった」といった話があります。
思いのほか時間がかかるので避けたいストッキングやタイツ、着ていくならフレアスカートかワンピースを勧める人もいました。
診察台では両足を開く格好になるのでタイトなものだとスカートを脱ぐことになってしまいます。
仕事で制服に着替える人は着替えのしやすい服を日ごろから選ぶかもしれませんが、検査では下着を脱ぎますのでその点も踏まえた服装で検査に望みたいところです。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c