婦人科検診のあれこれとお得に検診を受ける方法

いつ、どのタイミングで婦人科検診を受けていますか。 会社の健康診断や自治体からの案内を待つ人が多いのではないかと思います。 検診内容は項目が多数あり、自分で必要な検査を組み合わせることができます。 問診に始まり細胞診や内診、触診などで病気がないかを診ていきます。 妊娠や生理中の検診はどうなるのでしょうか。

婦人科検診あるかも私の失敗と検査の費用

婦人科検診でやってしまった!と思ったことはありませんか。 いつもはスカートなのにこの日に限って細身のパンツを履いて脱ぎ着が大変だったことや普段から身につけているので煩わしさに気付かなかったなど、検診では避けたほうがよい服装があるようです。 そして検診費用の目安とクーポンについてお話しましょう。

検診のときのマナーでひと安心

自分の体について不安に思うことや疑問などは問診で解決しましょう。 頭の中であれこれ考えていても、実際の検診では緊張して忘れてしまうことが多いと思います。 問診でどれだけ現在の心と体の状況を伝えられるかでアドバイスの内容も違ってきます。 検診前にできることや、お風呂とお化粧のマナーについて確認しましょう。

検診はタイミングが大事です

女性だから気にしてほしい体の不調と婦人科検診のこと。
結果を聞くのが怖い、悪い結果が出たらどうしようと考え出したら婦人科検診へ行くのをためらってしまう気持ちはよくわかります。
婦人科検診といっても病院や施設によって行われる検査内容が変わります。
これは婦人科検診についての定義が設けられていないからで、一般でいう婦人科検診は3種類のがん検診のことを指すようです。
「子宮頸がん」、「子宮体がん」、「卵巣がん」そして「乳がん」を合わせたものを女性に発生する病気として行っています。
検診の中身は問診、触診、マンモグラフィー、視診、内診、細胞診とMRIや血液検査のメニューになっています。
一度にすべての検査を行うのではなく、必要に応じて先ほど記した検査を組み合わせて行うことで検査結果の精度を上げているのです。
乳がん検診を受けるのは、婦人科ではなく乳腺外科または乳腺科です。
中、小規模の病院では専門で置いているところが少なく、乳がん専門で受けられるのは大学病院やがんセンターのような大規模の病院になります。
近場で通院するなら一般外科の乳腺専門外来を探すとよいでしょう。
症状があれば医療行為としての検査になるので全額負担にはなりませんが、婦人科検診の場合は早期発見と予防をするためのものなので数千円から2万円ほど自己負担になります。
最近は各自治体から発行されるクーポンなどがあり、無料か数百円払えば婦人科検診が選択制で受診できるようになっています。
個人宛で婦人科検診の案内が送られてくるところもありますので自治体が行う集団検診に参加するか、近所の婦人科で受診するようにしましょう。
女性ならではの悩みも検診で解決するかもしれません。
家族の体も心配だけど自分の体を労ることから始めませんか。

TOPへ戻る